ふたばタイム – 警察官

9月5日のふたばタイムには、アーリントン警察の方が来てくださいました。警察官の腰に巻かれたベルトには様々な道具が入っています。警棒や手錠、ピストルやスプレーなどについて、一つひとつ丁寧に説明をしていただきました。子供たちからは、「警棒はナイフで切れますか。」という質問が出ました。警棒はとても硬いので、切れることはないそうです。また、ピストルやスタンガンは誤射することがないように、装備する向きが決まっているそうです。

警察官の方からは、子供が連れ去られる事件があるということもお聞きしました。手をつないで、そのまま連れて行ってしまうそうです。保護者のいないところで、知らない人と話をするのは危険だということ、何かあったときには必ず大きな声で叫ぶことを教えていただきました。子供たちにとっては、声が武器です。自分の身を自分で守る術を知っておくことは、とても大切なことです。

DSC05971_R DSC05964_R