中学部 交流学習

スライドショーには JavaScript が必要です。

10月30日(木),本校中学部と毎年交流学習を行っているThomas Middle School (以下TMS)を訪ねました。TMSの参加生徒は7年生50名。舞台付きの広間を兼ねたカフェテリアでパートナーと隣り合って座り,まずはTMSの誇るジャズバンドの演奏を楽しみました。その後のグループ活動では,中庭の自然観察で得たインスピレーションをもとにパソコンで一緒に音楽を作ったり,アメリカの大衆芸術について学びながらスプーンに思い思いの絵を描いたり,英語の詩から得たイメージをみんなで一枚の大きな絵にしたり……。ランチはカフェテリアで列に並び,多くのメニューから食べ物を選んで購入しパートナーとともに食事をとることで,現地校生活の一端を体験しました。カフェテリアでは,交流に参加していないTMS 生からも本校生徒たちが声をかけられ,パートナーに紹介されて盛り上がる場面もありました。帰校のバスに乗り込む間もバスが発車した後も,ずっと手を振って見送ってくれたパートナーたちの姿に,「彼らが日本人学校を訪問するときにも,たくさん楽しんでもらおう」と決意しながら,本校生徒もいつまでも手を振り続けました。

Thomas Middle School (以下TMS)への訪問から5日後の11月5日(水),今度は中学部がパートナーたちを迎える番です。和太鼓演奏の披露を交えた歓迎の集いに続き,毛筆,和太鼓,バスケットボール,そしてランチとその後の「和の遊び道具」を使った自由な交流で親交を深めました。毛筆では,パートナーに書いてみたい文字を尋ねたり,自分なりに工夫して正しい筆遣いや漢字の書き順を教えたりしました。パートナーが半紙に仕上げた作品にはお互いの名を片仮名で書き入れ,台紙に貼って完成させて記念撮影をしました。和太鼓の活動では,法被を羽織ったTMS生とともに「風の舞」を叩くことに挑戦しました。譜面を見せたり手本を示したりしながら,交互に太鼓を叩きました。TMS生の上達の速さに驚きつつ,うまく演奏できたことをハイファイヴで喜び合いました。お別れの会では,TMSから,彼らの間で大人気の本「Divergent」シリーズ4冊などのプレゼントをいただきました。本校の生徒たちは,2回の交流を通してパートナーと交わりを深められたことに感謝しながら,彼らの乗ったバスを,1ブロックも走って追いかけながら見送りました。