国際理解教育 – Global Understanding Education

目標

主体的な考えや行動力をもち、国際社会において共に生きる資質・能力を育てる

(主体性、意欲、礼儀正しさ、思いやり)

方針

異文化と共生できる資質や能力 (受容、共生)

:広い視野を持ち、異文化を理解するとともに、これを尊重する態度や異なる文化を持った人々と共に生きていく資質や能力の育成を図る

自己の確立 (国や郷土を愛する心)

:国際理解のためにも、日本人として、また、個人としての自己の確立を図る

コミュニケーション能力 (自己表現力)

:国際社会において、相手の立場を尊重しつつ、自分の考えや意思を表現できる基礎的な力を育成する観点から外国語能力の基礎や表現力等のコミュニケーション能力の育成を図る

 めざす児童・生徒の姿

<異文化理解>

  • 低学年:自分たちと同じところ、違うところを見つけることができる。
  • 中学年:日本とアメリカの生活の様子について、それぞれのよさや違いを知ることができる。
  • 高学年:日本とアメリカの文化について、それぞれのよさや違いを理解し深めることができる。
  • 中学部:異なる文化をもった人々と、よりよい関係をともに築こうとすることができる。

<自己の確立>

  • 低学年:日本や自分自身のよさに、気づくことができる。
  • 中学年:日本や自分自身のよさについて、考えることができる。
  • 高学年:日本や自分自身のよさを考え、活かすことができる。
  • 中学部:日本や自分自身のよさを活かし、自信をもって振る舞うことができる。

<コミュニケーション能力>

  • 低学年:自分なりの表現で接しようとする
  • 中学年:相手の立場を認めながら、自分の考えを伝えようとする
  • 高学年:初歩的な英語を用いて、相手の立場を認めながら、自分の考えを進んで伝えようとする
  • 中学部:基礎的な英語を用いて、相手の立場を認めながら、自分の考えを工夫して伝えようとする
成長のイメージ

きづく・つかむ → いかす・認める → 進んで深める → ともに求める

(低学年)      (中学年)           (高学年)          (中学部)