シカゴ日本人学校は、世DSCI0002界の日本人学校でも1つしかない、同じ校舎に全日校と補習校がある学校です。設置母体は、シカゴ商工会とシカゴ双葉会でイリノイ州教育法に基づく私立学校登録校です。全日校は、今年で創立39年をむかえる伝統校です。 本校が私立学校であることを鑑み、本年度の教育目標を「自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動できる児童生徒の育成」その具体として、~志をもち国際社会にはばたくシカゴっ子~としました。 この教育目標の願いは、将来国際社会にはばたく素地として、一人ひとりの子供たちが何事にもくじけず自分で学んでいく心を持ち、主体的に考え、見つめ、自分で判断し、広い視野を持ち続け、世界にはばたいていって欲しいという願いのもとに設定しました。 本年度も、その願いを達成するために、学校像を危機管理ができる学校、創意工夫のある学校、子供像として、進んで学び、探求する学力を身に付ける子(知育)責任と協調と奉仕の精神を重んじる子(徳育)豊かな心をもち、たくましく生きる子(体育)分かり合う子(国際理解)、教師像として、児童、生徒とともに歩む教師、保護者と共に歩む教師とし、本年度の重点目標として、学びの力、道徳教育、伝統文化教育、英語教育の推進を柱とし、教育活動を展開していきます。 素晴らしいシカゴ日本人学校の子どもたちのために保護者の皆様と教職員が一体となり教育目標の実現にむけて取り組んで参ります。

シカゴ日本人学校 校長 浅井 利眞

2014年5月25日 | カテゴリー :